卒業式では袴・振袖を!購入できるお店を徹底比較

top > 袴・振袖情報 > 卒業式での袴と振袖の色の選び方

卒業式での袴と振袖の色の選び方

一生に一度の卒業式ではやはり袴と振袖の色選びで失敗したくありません。
どのように選ぶのがベストかというと、一つ目はやはり好みの色です。
自分の好きな色を着れば間違いなく満足は出来るからです。
二つ目は似合う色を選ぶことが挙げられます。
似合う色、というのは顔の雰囲気に色がどう映えるかを指している事が多いので、実際にお着物を顔の近くに寄せてみると何となく分かってきます。
やはり自分に似合った色を着ている方が格好が良いので、このやり方も間違いでないでしょう。
三つ目は人によりますが、なかなか着る人が少なそうな色を選ぶ事です。
皆と色がかぶってしまうと少しがっかりする事もあるかもしれません。
卒業式の着物だと定番はやはりピンクや赤ですので、それ以外の色から選ぶのも賢明でしょう。
様々な選択法がありますが、自分に合ったスタイルを見つけて最高の晴れ舞台にしてください。



卒業式には袴か振袖なのかどっちが適しているのか

大学の卒業式に女子は袴を着ることが多いです。
昔からの慣わしという点もあるでしょう。
中には指定のスーツを着用しなければいけないという大学もあります。
そんな場合には謝恩会を開き、そこで自分が着たかったものを着るとよいでしょう。
その場合には袴でも振袖でもよいでしょう。
振袖も成人式だけしか着ないのであればもったいないです。
レンタルではなく、購入をしてしまったのであれば、着る機会も少ないので謝恩会で着るとよいかもしれません。
レンタルで対応をしていることが多いですが、人気のデザインのものは早くに予約で埋まってしまうので、出来るだけ早めに予約をしたほうがよいでしょう。
同時にヘアセットも予約をしたほうが好ましいです。
卒業式の会場近くでもよいですが、自宅の近辺のほうが着替えを持っていく手間も省くことができます。



思い出に残る卒業式、袴と振袖のレンタルはお早めに

卒業式には一生の記憶に残るような素敵な袴と振袖で迎えたいですよね。
和服のレンタルショップでは様々な柄や色、生地の袴や振袖を借りることが出来るようになっています。
せっかくなら自分に似合うものを選びたいと考える方も多いのではないでしょうか。
その希望を叶えるには、出来るだけ早めにお店を訪問されることをおすすめします。
なぜなら人気の柄や色は早め早めに予約が入っていくため、後になればなるほど選べる種類が狭まっていってしまうためです。
他にも、手持ちの振袖に合う袴を探したいといった要望や髪飾りやハンドバッグ等の和服小物の貸し出し、身長がある方は取り扱いサイズの有無といった相談にも乗ってもらいやすくなります。
お店によっては、3月の卒業式シーズンが終わるとすぐに来年度の貸出予約を行うところもあります。
早期割引が適用される場合もあるので、早め早めの予約をおすすめします。

次の記事へ

ページトップへ