卒業式では袴・振袖を!購入できるお店を徹底比較

top > 袴・振袖情報 > 卒業式は袴や振袖を着用して出席しよう

卒業式は袴や振袖を着用して出席しよう

 卒業式は、記念に残る大切な学校行事の一つです。後悔しないように、お好みのファッションで出席しましょう。卒業式に最適なファッションといえば、やはり袴や振袖ではないでしょうか。ただ、袴も振袖も普段は着用する機会がほとんどありませんし、高価なものなので、購入するのを迷うことがあるかもしれません。そんなときは、着物のレンタルサービスを利用すれば、振袖だけではなく、袴もレンタルできるので購入する必要がありません。小物まで揃えてレンタルできますから、届いたらすぐに着用できるのも魅力です。もちろん、たくさんの柄が取り揃えられているため、自分に似合う柄や好みの柄を選べます。レンタルなら購入するよりも経済的な負担がかからない上、保管する場所や手間もかかりません。
 最近はクリーニング不要で返却できるサービスを提供している業者さんもありますので、返却する際にかかるクリーニング代も節約できます。卒業式を素敵な一日にするためにも、活用してみるとよいでしょう。


 卒業式の定番衣装は袴と振袖

 大学の卒業式に出席する際の、定番衣装と言いますと袴と振袖の和装ですけれども、最近では軽装や奇抜なコスプレなどで出席すると言うケースも、増えているようです。とは言え、これから新社会人として、新しい環境へと進んでいくターニングポイントとして、気持ちを引き締める意味合いを強くするのには、やはり卒業式と言う節目のイベントで、袴や振袖と言った日本の伝統的な正装を身に纏う事で、より一層強くなるのではないかと考えられます。
 袴や振袖は購入する方もいますが、レンタル衣装を利用する方も多く、レンタル衣装を利用する場合には、着付けからヘアメイクまで込みのプランが定番で人気となっています。また、衣装を身に纏った姿を写真館やフォトスタジオなどで撮影してもらい、記念の一枚を残すという方も多いと言うような傾向があります。


 女性の大学卒業式は振袖と袴が定番

 日本の女子大生の卒業式と言えば、近年は袴と振袖が定番化しつつあります。ほとんどの場合、学生のうちしか着られないので学生生活最後に選ばれる方が増えています。そこから卒業式に着用するというイメージが定着したといわれています。
 袴は、着物に袴を合わせるので上下のコーディネートが楽しめるのが魅力だといえるでしょう。又明治時代より学校では女性の先生が着ていたものであり、昭和の頭ごろまで女学生の制服として着用されていました。振袖は、未婚女性だけが着ることができる第一礼装といわれています。卒業式でも正式な装いなので堂々と着れば良いでしょう。ただ、あまり若い方は着用回数が少ないために、歩きにくく感じる方も沢山いますが、背筋をピンと伸ばし小またでゆっくり歩くことがコツです。履物を引きずったり、大きな音を立てて歩くことがないよう注意すれば良いでしょう。

次の記事へ

ページトップへ