卒業式では袴・振袖を!購入できるお店を徹底比較

top > 袴・振袖情報 > 卒業式スタイルは袴?振袖?

卒業式スタイルは袴?振袖?

 もうすぐ卒業式です。大学の卒業式に何を着て出席しようか迷っている人も多いことでしょう。大学の卒業式といえば、袴を連想される方が多いでしょうが、近年では振袖を着る女子学生も増えています。理由は成人式で買った着物をもう一度着たいからとというのが最も多いです。せっかく購入し、気に入った振袖であれば、この機会に着るというのも素敵ですね。
 袴と振袖、どちらも卒業式のスタイルとしては正しいものになるので、自分の好みに合わせて選ぶとよいでしょう。何を基準に選んだらいいのか分からないという人のために、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。


 まず、振袖のメリットですが、「華やか」であることです。振袖は裾の方まで華やかな柄が入っていますので、下がほとんど無地の袴と比べるとその華やかさは比較になりません。また、袴と違い、振袖の場合には帯もあるのでより華やかです。もし成人式に購入した振袖がある場合には、レンタルが大半である袴と比べると素材といった点から見ても違いは多いです。
 また、費用面からみても、新たに袴のレンタル料がかからないので、経済的です。最近では、着物は成人式で着たものを着用し、袴のみをレンタルする、振袖+袴というスタイルで費用を抑えて出席する人も多いようです。ただ、小袖の着物と振袖とではやっぱり華やかさに差が出ますので、華やかさを重視する人は振袖を選ぶと間違いないでしょう。
 デメリットとしては、着崩れの心配がある、動きにくい、帯を締めるため苦しいということです。帯があるために椅子に座るときには浅めに座らなくてはならないなど、着こなしの点においても劣るといえるでしょう。

 次は、袴のメリットですが、「卒業式の特権」であることです。着物を着る機会が少ないとはいえ、振袖は未婚女性の正装ですので、友人の結婚式など、今後も着ようと思えば着ることが可能です。
 それに対して袴は、卒業式でしか着ることができません。教職に就くつもりであれば今後着る機会があるでしょうが、そうでなければまさしく一生に一度といえます。また、足元はブーツの人が多いため、動きやすい、帯がないため苦しくないなど、長時間着る予定でも安心して着ることができます。
 デメリットとしては、多くの人が袴を着るので、個性に欠ける、目立たないといったことが挙げられます。袴への憧れがある人、落ち着いた雰囲気で卒業式に臨みたい人、着物の苦しさが心配な人は袴を選ぶといいでしょう。

次の記事へ

ページトップへ