卒業式では袴・振袖を!購入できるお店を徹底比較

top > 袴・振袖情報 > 成人式の準備で考えなければならない事

成人式の準備で考えなければならない事

 大学の卒業式で女子はどのような装いをするのでしょうか。ニュースやSNSなどでは振袖や袴姿が良く見受けられますね。スーツの方が少数派の学校も多いのではないでしょうか。卒業式での装いをレンタルにするかしないかは、成人式で振袖レンタルしたかどうかで決まってくる方もいるでしょうね。
 いまやレンタル業界は色々な種類の袴や振袖を用意してあります。色も柄も様々で華やかなタイプの物からシンプルな物までたくさんあります。


 振袖レンタルした方は恐らく、卒業式でもレンタルを利用するのではないでしょうか。そのメリットとしては色柄を選べる事から、成人式の時の振袖とは違った趣向の物が着られることでしょうか。袴も色んな色がありますし、柄も裾にかわいらしく入っている物や大柄な物も用意されています。振袖×袴のセットもありますし、どれを選んで着るのかは楽しみのひとつなのでしょうね。草履かブーツかも選べるところもあります。
 また、写真撮影付きのセットもあり、卒業の良い想い出作りができそうです。 振袖を購入した方は袴をレンタルすることもあるでしょうね。もちろん、学校によりけりでしょうが振袖で卒業式に参加することも多いのでしょう。
 振袖を購入するメリットは自分の財産になる・記念になる・何度も着られるというところです。どれを選択するのかは成人式にかかっているかもしれません。また、結婚式に呼ばれた場合の選択肢に振袖も入るということも利点です。


 成人式の段階で将来を見据えて、振袖を購入するのかレンタルをするのか考える必要があるようです。 ただ、最近の傾向だと結婚式に呼ばれた場合振袖を着ていく人が減っているように思えます。振袖は持っているけど着ない理由はおそらく着付けの料金にあるかもしれません。
 また、平服でお越しくださいという案内があったり、周りの友達と比較したら目立ってしまうから着ないという方もいるのではないでしょうか。振袖×袴という形だけではないことも考慮したいです。実家に眠っている訪問着でも十分です。袴を華やかにして親の持っている訪問着を着るという手もあります。
 振袖に比べると地味になってしまうのは否めませんが、和服は基本的には流行などとは無縁の衣類です。形は昔から変わっていません、ノスタルジックな柄が逆に新鮮だったりもします。親の着ていた和服があったら、検討しても良いのでしょうね。代々受け継がれてきた物を着るのも良い経験作りになるのかもしれません。

ページトップへ